じゅんぺいちゃんの世の中袈裟切りブログ

愚にもつかねえ駄ブログとはここのことよ

お前のSNOWかなんかの牙みたいな加工、おれには口にゲロの残りがついてる様に見えてるからよろしくな。



ゆーけゆけー無敵のー

じゅんぺいちゃーん

いーざ行け勝利のー

Vさーいーんー

~♪(渋めのギターソロ)

右手に握ったー

キンタマぶくろにー

もろみ味噌をつめこんでー

大学生に投げ付けろー

ゆーけゆけしょうr







あ、もう始まってました?
失礼しました。僕歌を熱唱していました。TKに対する鎮魂歌です。


気がつけばまた間があいてしまいました。
まわりで変なことが起きないから悪いのです。僕は悪くないです。
前回書いたあとに起こったへんなことといえばこの前の「ラッパー、ココイチでも頼むのしんどいくらいの量の大麻持ってて捕まってしまう事件」くらいじゃないですかね。
あれって乾燥してるんですよね?てことは水に戻してみたいですねえ・・・増えるわかめの変わりにサラダに添えてあげたいね。

そうそうこの前ね。あまりに書くようなことがないので「そろそろ誰かネズミ講さそてこいや~」言うとったんですわ。

そしたら本当に怪しいやつ来ましてね。


ことの発端は初めて行ったバーでした。
朝方に行きましたのでかなり酩酊しておりました。あの状態でカイジの綱渡りのやつやっても、綱までたどり着けずそのまま窪塚することになるくらい酔ってましたね。
でも僕は窪塚しませんでした。なぜならその店には窓がなかったからです。だからぼくは窪塚しなかったし、ライフカードかなんかのCMで「我が城です」とか言って部屋案内したりもしなかったのです。ぼくの知ってる窪塚の情報は以上です。

そこでは特に変なことは起きませんでした。楽しい空間でしたね。
帰りに少しことが起こります。

我々が帰ろうとすると、おそらく会話していない人だと思うのですが、そいつが話しかけてきました。

言われたこと要約するとこんな感じです。


「みんな川谷の浮気叩いてたのに今回は優しいな。同じ音楽家なのにな」




ちょっと違ったかな?




「連絡先教えてくれ」

だったかもしれません。

僕は相当酔ってはいたのですが、心の中で「誰やねんこいつ」と思っていました。今でも顔覚えていません。

こいつを仮に滝廉太郎としましょう。


僕は滝廉に言いました。
「お前のようなどこの馬の骨とも分からんやつにうちのLINEはやらん!かわりにTwitterビーフストロガノフの作り方なら教えてやる」と。

滝廉「TwitterやってないんでLINEとガノフってもらっていいですか」

気がついたら僕のガノフがもう股を開いてしまっていました。
これがほんとの肉食系と。

次行きますよ。


とりあえず早く帰りたかったのであんまり深く考えず交換だけして帰りました。

すると、なぜか三日ほど後になって、
「あの後大丈夫でしたか~☆(絵文字大量)」みたいな、痛い女かいうかんじのLINEが届きました。
二行位で返信してみたところまた二日後に返事が。食事の誘い。







来たぞ。






これはあれだ。

ゲラウェイだかフェイレイだか言うやつだ。おれピンと来たんだから。





それにしても早過ぎないか?というくらい食事詰めてくるんですよ。バルログかなって思いました。明後日行きましょうみたいな感じで言われて。
「まあまた行きましょう」
みたいな感じで返してみたんですよ。
なんて言われたと思います?



「じゃあ14日(3日後)にうちでタコパするんですけど来ませんか?」


何でまだお前の顔も知らんのにお前んちでタコパしなあかんねんと。おれにとっちゃお前の正体もスーパーストロングマシンの正体も同じ位謎だからな。

バカなのかなと思ったので、当然断りますよね。するとまた夜ご飯のことを詰めてくる訳です。

いや、分かるんです。サブウェイの人たちは、とにかく詰めてくるんです。なので、何度か跳ね除けてもきっとまた来るに決まってるんです。
だから僕は「また連絡します」と送りました。

これで返事が来てこれでも詰めてくるようであればいよいよ確定なので一回肝試しで行ってみるかな・・・と考えていると返ってきました。


「お願いしまーす^^」






なんでやねん!!詰めて来いやあああああああああ!

ブログのネタ潰すなやぼけええええええ!!
このままやったら、やたら顔文字の多いおっさんと数回LINEしただけやんけ!!!!!

ハッ!分かったぞ!おれは小学校の頃、カフカの変身読んどったからわかるんや!!!


お前!!!











ただただ痛いやつなだけやんけ!!!!






ただの、距離の詰め方間違ってて、恐ろしくLINEが面白くない人に捕まっただけでした。
滝廉だけに、清き流れを矢より早く泳いで消え去って頂きたいですね。

しかしクソ無駄な時間を過ごしてしまった。こりゃあおそらく地雷臭漂うジオストームを映画館で観るよりも無駄な時間の使い方だ。

あーあおれもアンハサウェイ捕まってみたかったのになー売り上げの具体的数字とか聞いて詰めてみたかったのに。
もしこれを読んだ人のなかでミランダカーやってる人、連絡待ってるぜ!

というわけで今日はデミムーアの話を中心に無理やり尺を稼いでお送りしました。

「詰め」って言う言葉使いまくってたら缶詰食べたくなってきたわ。アヒージョ食べて寝よ。


それでは今日はこの辺でお別れの一曲です。
石井一久で、「引退試合の後に乗っていたセグウェイの音」








カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R

仕事をください

フリーエリア