じゅんぺいちゃんの世の中袈裟切りブログ

愚にもつかねえ駄ブログとはここのことよ

じゅんぺいちゃん、のこのこと怖い絵展に行くの巻




あーあついなー。



こんな暑い日は、

人の金で酒が飲みたいなー。


で、おなじみのじゅんぺいちゃんですこんにちは。絶好のたかり日和が続いておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

時空のゆがみ等の影響もあり、初めてこのサイトに来られた方、つまり、大切な時間をいったんサランラップに包んでレンチンして、おろしポン酢をたっぷりかけた後にドブに捨てるという、大変高貴なお遊びに初めて参加される方もおられると思いますので、簡単に、ここのことを説明しておきますね。


このサイトは、徹底した時間管理の元運営されている、超優良ブログサイトです。このブログを愛読している人の中には、なんと猫を飼っている人もいるんですよ。
警察が身辺をお世話してる人もいるんですよ。すごいですよね。

このブログは、例外は一切なく、月に一度更新されています。

本当ですよ。


本当です。







過去の投稿を確認するのは辞めなさい。
















まあそんなかんじの、なんやかんやあって掃き溜めみてえなところです。よろしくどうぞ。

















※この無駄な改行によってみんなの大事な休憩時間を削れると思うと本当に飯が旨いです。

ケルヒャーをこっちに向けないでください。本題に入りますね。

先日、怖い絵展に行ってきました。楽しかったのでご報告しておこうと思いまして。


意外だと言われることもあるんですが、僕美術館好きなんですよ。意外ですかね?インテリの権化でもある僕のイメージとぴったりだと思うんですけど。
加えて、中野京子さんも好きだったので、こりゃ行くっきゃねーべということで行って来ました。

と言ってもじゅんぺいちゃんは、あまり絵に詳しくありません。絵も下手糞です。エモ。

授業で絵を描くときは、下書きだけは誰にも負けないくらいやる気を持っている少年でした。
継続力や根気がちっともない少年でもあったので、色を塗る頃にはもう完全に飽きていて、左上はがんばって塗りだすも、右下に行くにつれ、綺麗なグラデーションのように雑になっていくという、「光と闇の対比」を見事に表現した作品をバンバン世に送り出しました。
担任から「このハゲーーーーーーー!」「違うだろーーーーー!違うだろ!」と絶賛されていたのを思い出しますね。

左上から順番に塗っていくという発想している時点で才能なかったんでしょうね。



今回の怖い絵展ですけど、あまり詳しく書くとネタばれになっちゃうので言わないですが、本当に面白かったです。一枚ごとに解説を書いてくれているのですが、その解説がめちゃくちゃ面白い。絵の前は空いてるのに解説の前がごった返してるという、本末転倒な状態にもなっていましたが、それくらい解説をしっかり読んでしまいました。おかげで終わる頃には、ドストエフスキーの罪と罰を読んでいるときみたいな強烈な眠気に襲われました。


今回の目玉は、このドラローシュのレディ・ジェーンの絵なんですけど、これはほんとに実際観るとぞっとしました。詳細に解説されてるのですが、レディ・ジェーンの生涯をある程度知っている人は、このキャッチコピー「どうして。」がどれだけ秀逸かわかると思います。
怖い絵展いけない人はこの人をぐぐるだけでも面白いと思いますよ。

あと個人的に好きだったのはドレの絵でした。イラストレーターとか、挿絵を書いてた人みたいなんですけど、展示されてる絵が、どいつもこいつもブラックメタルのジャケットみてえな、黒塗りに白の細い線で書かれてる仕様だったので、「わいはレコード展に来てたんやったかいのお」と勘違いするほどでした。

ドレについて知りたいひとはウィキのリンク貼ってるのでどうぞ。
Wikipedia








さすがの僕もドレークのリンクを貼るっていうボケなんかしてないですよ。寒すぎますしね。



途中なんか真面目なこと書きすぎてあまりに気持ち悪いので、誰か、くたばれ、じゅんぺいちゃん!と言ってくれませんか?

なるべく、インスタで地鶏ばっかり上げてて、自分のことかわいいと思ってる、炎上芸が得意な議員ブスの方に言われたいですね。

煽られたことに逆上して、めちゃくちゃ矢継ぎ早にまくし立てて息も絶え絶えになってくれてたらいいなあ。


酸欠少女だけに。



いつまでケルヒャー構えてるんですか?



そんなみなさんへのレクイエムでお別れです。
上田正樹で悲しい色やね。

【早期購入特典あり】フラレガイガール(初回生産限定盤 A)(酸欠少女さユりキャラカード・AR仕様&A4クリアファイル付)

新品価格
¥4,930から
(2017/7/27 11:01時点)








カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R

仕事をください

フリーエリア